素人パパのブログ

パパになりたての私の趣味ブログです。育児・雑記(医療・サッカー)など書いていきます。

【大流行】インフルエンザにかかったら薬はどれがいいの

今年も大流行のインフルエンザですが、

 

東京都ではインフルエンザの1週間当たりの患者数が過去最多を記録したそうだ。

 

最近、ワイドショーなどで取り上げられるインフルエンザにまつわる話題の中で

 

治療薬に関して多くの時間を割いていることがしばしばだと感じる。

 

それもそのはず、インフルエンザ治療薬で画期的な新薬【ゾフルーザ】が発売されていたからだ。

 

※正確には昨年の3月14日の発売

 

しかし、ネガティブキャンペーンか何なのか、こぞって耐性菌にまつわる話が出始めて、患者さんは非常に困っているのではないだろうか。

 

実際に医療関係者として働く私の意見が参考になればと思いインフルエンザ治療薬に関して記していきます。

 

  • インフルエンザ治療薬は全部で5製剤

それでは順にみていきましょう!(発売日順)

  1. リレンザ(グラクソ・スミスクライン:2000年発売)
  2. タミフル(中外製薬:2001年発売)
  3. ラピアクタ(塩野義製薬:2010年発売)
  4. イナビル(第一三共:2010年発売)
  5. ゾフルーザ(塩野義製薬:2018年発売)

リレンザは1日2回5日間の吸入タイプ。

最も歴史ある薬剤だがまだまだ需要はあって、好んで使う医者も多い。

経口薬での服用が難しい小児に出されるケースが多く

小児科や耳鼻科ではまだまだ主流といえるだろう。

しかし、成人向けに処方されるケースはほとんどなくなってきている。

※数日間薬を飲みたいが経口薬を服用するのが難しい患者への処方が一般的

 

タミフルは1日2回5日間の経口タイプ。

異常行動などで騒がれており、子供への処方が禁止されていたが因果関係がはっきりせず、息を吹き返したイメージです。予防で使われるケースも多くこちらもまだまだ現役である。

※インフルエンザ治療薬で初めて後発品(オセルタミビル:沢井製薬)が発売されたこともあり、タミフル自体は減少?

 数日間薬を飲みたい患者には向いている。

 

ラピアクタは1回の点滴タイプ。

唯一の点滴で治療(30分前後)ができる薬剤で、確実に体内へと薬剤が入るため効果は1番ではないかと・・・

しかし、インフルエンザ患者を院内にとどめることになるのことや、患者が嫌うことも多々あるようで、高齢者や重症な患者に絞って使われることがほとんどである。

※1日1回治療薬を処方されて2~3日経過しても熱が下がらず投与されることもまれにあるとのこと。

 

◦イナビルは1回の吸入タイプ。

ラピアクタを除いて唯一の1回タイプなので圧倒的なシェアを誇っている薬剤である。

数回吸入しないといけないので、体調の悪い患者にはうまく吸入できないこともあるようだが、1回で治療できるメリットが大きく多くの医者もメインに処方をしている。

※近年、インフルエンザシーズンでは調剤薬局においてイナビルの吸入指導をする姿が風物詩のようになっており、第一三共も様々なアイテムを用意し、患者が確実に吸入できるよう取り組んでいる。

 

◦ゾフルーザは1回の経口薬タイプ。

昨年、多くの期待を背負い発売されたが、本格的に使用されるのは今シーズンからで、

まだまだ現場ではわからないことも多いとのこと。

しかし、院内や調剤薬局ですぐに服用できることから安心感もあり、簡便さも受けて

爆発的に使われ、一時品薄な状況ともいわれていた。

※耐性菌のことをメディアで唱えられ下火に?

 

それぞれ簡単にまとめてみましたが、一つ言えることは日本で新薬を発売することはとても大変なことで、効果・安全性は担保されているということ!

(もちろんどんな薬にも副作用は存在するけれども・・・)

 

医者もいろんな方がおられて

・どれか決まったインフルエンザ治療薬しか使わない

・患者に選ばせる

の2例が多いように感じます。

 

不安であれば、医者にしっかりと説明し納得したうえで服用する薬剤を選びましょう。

 

この記事を含めですが、テレビなどで放映されている情報を鵜呑みにせず、

気になるのであれば、きちんと納得した上での服用をお勧めします!

 

ちなみに私が服用するようなことがあれば、

らくちんなゾフルーザに限ります!

 

以上、ぜひぜひご参考に・・・

 

 

【アジアカップ】やっぱり大迫半端ねえ圧巻の2ゴール

このブログで初めて書いたのが半端ない「大迫勇也」選手の記事です。

 

育児ブログに変更してますが、サッカー好きなのでいてもたってもいられず・・・

 

前にも書きましたが、実際に大迫選手と試合をしたことがある私とすれば

 

イラン戦の大活躍はとてもとても嬉しい限りです。

 

今回何がうれしかったかというと、ワールドカップに続き

 

ヘディングシュートを叩きこんだという点です。

 

ん?それがどうした?と思われる方も多くいらっしゃると思いますが、

 

実は、プロに入るまで大迫選手はヘディングが得意な選手ではありませんでした。

 

イラン戦では実況の方が「得意のヘディングで決めた!!!」

と絶叫しておりました。

 

現に、ワールドカップでも見事なヘディングを決めていることからもわかるように

 

大迫選手はヘディングが得意なのだと思います。

 

しかし、「得意になった」というのが正しい表現で、

 

高校時代の選手権決勝を見てもダイビングヘッドを試みて肩にあたってしまう場面もありましたし、

 

鹿島アントラーズ入団直後に、岩政選手から「ヘディングが下手すぎる」と鍛えられているエピソードも耳にしたことがあります。

 

元々、大迫選手の得意とするプレーは

 

ポストプレー」から周りを活かすのではなく

 

ポストプレー」からの素早い反転でゴールを狙うプレーです。

(これは完全に私の思い込みかも・・・)

 

大迫選手は素晴らしい才能を持ち合わせながらも

 

世界で通用するプレーヤーになるために、

 

得意な「ポストプレー」を進化させ

苦手な「ヘディング」を武器に変えてしまったのです。

 

要するに何が言いたいのかというと、あんなに才能豊かな大迫選手が努力しているのだから、私ももう少しブログ頑張ってみようということです。

 

がんばれニッポン!

予定日は当てにしてはダメ!赤ちゃんはある日突然うまれてくる

ママが書くような記事をパパが書いています。(笑)

 

この記事は、初産を控えるママパパにぜひとも読んで参考にしていただき、

頭の片隅に置いといてもらえればうれしい限りです。

 

私たち夫婦が実際に体験した出産です。

 

まず、出産予定日が必ず存在しますが、皆さんご存知のように、満40週が基本ですよね!

最終月経の開始日を0とし、そこから280日目が出産予定日になるわけです。

 

もちろん、多少のずれはあるけど、だいたい予定日1週間前からそわそわ準備してけばいいなんて、私たち夫婦は考えていました。

 

  • 34週目の朝突然の陣痛

そんな、感じで赤ちゃんの名前もまだ決めていなくて、普段と変わらぬ34週目の朝事態は急変しました。(笑)

 

普段通り、目を覚ますと妻がおなかが痛いとのことで布団にくるまっている…

少しちゃらけて「陣痛!?」と聞くと34週なのでさすがに違うと思う。

「前駆陣痛かも」とのこと…

 

馬鹿な私は前駆陣痛とはなんぞや?とすぐにスマフォをポチポチ…

 

数分調べて

・出産予定日の2週間前後から始まる

・そこまで痛くない

・すぐに出産には繋がらないが、出産は近い

・安静にして出産に備える準備をする

・そもそも前駆陣痛ではなく何らかのトラブル

 

なるほど…どちらにしろ何ならかの合図であることには間違いないので、

朝一番で病院に行くとのことで話はまとまりました。

 

そんなこんなで、会社に行く準備をはじめて風呂に入っていると

「破水したかも…?」と妻が声をかけてきました。

まさかと思い、トイレに行くと水浸し!!!

 

お互い初めての経験で何がなんやら分からず、会社を休んで病院に向かうことを決めて

再度、風呂に入って数分後

「痛いーーー!」と悲鳴が聞こえてきました。

そう本陣痛の始まりです。

 

妻は、あまりの痛さに悲鳴を上げながらも、

陣痛の間に母子手帳などの必要書類の準備を私に指示し何とか車へ乗り込み病院へ出発しました。

 

しかし、この日は平日の朝です。

絶賛、出勤渋滞の中、車に響き渡る妻の悲鳴。

 

なぜ、救急車を呼ばなかったか自分を責めながら何とか病院へ到着、

直ぐに看護師に来てもらい触手すると、

もう頭が直ぐそこにあるとのこと!!!

 

病院へ到着して、およそ30分後には

父親へとなっていました!!!

 

文章が拙いので、中々伝わりにくいかもしれないので最後にまとめますと

 

【出産に関する準備に早いは存在しない!】

・いつ何が起きてもいいように必要なものはまとめておく。

今回、非常に苦しんでいる妻の手助けを借りなければ何にも役に立てない状況でした。

是非、読んで頂いている方は、二人で話し合い必要なものをリュックなどにまとめておくことをお勧めします。特にパパは中身もしっかり確認し知識を入れておきましょう。

何にも分からなければ本当に役に立たず後でネチネチ言われます。(笑)

 

陣痛タクシーなどへの事前登録をしておく。

このサービスは出産後、友人に聞いて初めて知りました。

確かに、今回夫婦そろった状況の中での出来事でしたが、

妻一人の状況でこのような事態になることも大いに考えられます。

日本全域でのサービスではないようですが事前に確認し登録しておくと

より安心できるのではないでしょうか。

 

・パパもしっかり勉強しておく。

はっきり言って、妊娠から出産に関わることは、妻から聞くだけで自分から勉強もしなければ、学ぼうともしていませんでした。

自分の体に何の変化もないから自分は何にもしなくていいという考えでは、妻の不満は募る一方ですね。

2人で勉強しておけば私に気付ける点もあり、こんなに緊迫した

出産にはならず、妻にももっと安心して出産してもらえたのではないかと反省したものです。

 

・予定日はあくまで予定日!

一番はこれです!予定は未定!

うまれてくる赤ちゃんのためにも最良の準備をしておきましょう! 

 

出産を控えて、私みたいな体たらくな夫を持ちお困りになられている方は、

この記事を見ていただき、少しでも考え方行動が変わるきっかけになれば

うれしい限りです!!

 

 

 

 

心機一転!素人パパの子育てブログ開始します!

ブログをはじめて数か月…

素人の私には中々記事が書くことができず更新も途絶えておりました。

 

しかし、待望の第一子誕生でかわいいったらありゃしない!

子育てメインのブログだったら続けれるかもと思い

再起を図ろうとキーボードを叩いております。

 

ただ、書いているだけでは意味がないので、

少しでも読者の方のお役に立てればと、

子育てにのみならず、結婚や雑記でお役たち情報をじゃんじゃん投稿していこうと思います!

森保JAPAN 新キャプテンに相応しいのは誰か

森保一監督の初陣は教え子でもある、 サンフレッチェ広島青山敏弘がキャプテンを務めた。

青山選手は、指揮官が最も信頼を置ける人物であることは明白で、 新たな船出をきるには申し分ない人物であることに疑いの余地はなく、実際に試合を見ても、チームをまとめ上げて、素晴らしいパフォーマンスを発揮していた。

しかし、A代表とはいえ皆さんご承知の通り 2軍と言われてもおかしくない面々であったことは明白だ。

前キャプテンの長谷部選手においては、 ワールドカップで3大会もキャプテンをこなし、見事に役割を果たした完璧ともいえる存在で、次にキャプテンに就任する選手には相当のプレッシャーがかかるだろう。

しかし、長谷部選手においても、 南アフリカワールドカップの直前で中澤選手からキャプテンを受け継いでいることから分かるように、状況はいかなる場合でも日本代表のキャプテンに就任するのに容易なタイミングなどないということだ。

もちろん、青山選手もキャプテンを継続する可能性もあるが、私なりに候補を挙げて考えて見た。

まず1人目は、ロシアワールドカップにて 日本代表をまとめ上げMVP級の活躍をした 吉田麻也選手だ。

実績は申し分なく、ワールドカップもブラジル、ロシアと、2大会経験しており、 プレミアリーグではコンスタントに出場機会を得て、 世界的なスターとの対戦経験も豊富である。

プレーにおいても、若干スピードで劣る点は見受けられるが、ロシアワールドカップにおいても経験からくるコーチング、読み、判断の速さ、対人の強さなど圧倒的な存在感を放っていたことに疑いの余地はなく、日本代表では抜きん出ていた。

また、周りを笑顔にすることもできるし、 引き締めることもできる人柄もメディアを通じて見てきたので、最も推す1人である。

そして、2人目は 原口元気選手だ。

なぜ?と思う方も多いかもしれないが ここ数年での振る舞いを見ていると明らかに 人間力に磨きがかかっており、 十分にキャプテンをこなせる力がついてきているように感じる。

原口選手が若い頃は度々問題行動で 批判に晒されていた。 特に、練習終了後のじゃれ合いから喧嘩に発展しチームメイトを怪我させてしまったときは絶句したものだが。笑笑

そこから、浦和レッズに加入した槙野智章選手により、色々な指導を受けて成長したのは自他ともに認めるところだろう。

直接的な関係はないかもしれないが、 結婚もされて人間としてより成長をしているのではないだろうか。

プレー面でも常にがむしゃらで冷静さに欠けるかもしれないが、気持ちで引っ張るタイプで、 近くで槙野選手のような縁の下の力持ちが入れば十分に全うできると思うが、、、

日本代表は歴代守備的な選手がキャプテンを務める傾向にあるので、この辺りで攻撃的な選手がキャプテンを務めるのも見て見たいと希望的観測も入れて、、、

現実的には吉田選手がかなりの有力であることは百も承知の上だが

10月の代表戦が楽しみだ!

森保JAPANに定着して欲しい選手!!!

森保JAPANが発足して早速、デマ?であろう

イタリア人監督就任のニュースが一時世間を騒

がせた?までとはいかないがサッカー好きの方

なら誰もがソワソワしたに違いない。

キリンチャレンジカップ

北海道の大きな地震によって仕方なく

VSコスタリカのみの1試合となってしまったが、

世代交代と若手発掘の側面からみると まずまずのスタートを切ったというのが 率直に思うところだ

特に、堂安、中島、南野の3選手に関しては、

本田、香川などを彷彿とさせ、

既に代表を引っ張る片鱗を見せてくれた

しかし、この3選手だけでは厳しい戦いを乗り越えれない

そこで、是非とも戦力となって 新生日本代表を支えて欲しい選手を数選手あげて見ます!

まずは1人目 川崎フロンターレ 守田英正選手

守田選手はルーキーながらに開幕スタメンを勝ち取りその後も、おそらく紆余曲折ありながら代表選出されるまでに成長した選手である。

選出された際に気になって、数試合フロンターレの試合を流し見したのだが、勝手なイメージと違い、捌けて潰せる素晴らしい選手であったことに驚いた。

おそらく、フロンターレのサッカーに成長させられたのだろうと思うが、対人の強さに大島選手や中村選手のような捌きも加わっており、 純粋にフロンターレのレギュラー張れるだけはあるなと感じた。

伸び代たっぷりで将来がとても楽しみです!!

2人目は 湘南ベルマーレ 杉岡大暉選手

杉岡選手は世代別代表の常連で所属のベルマーレでもコンスタントにスタメンで出場している、高卒2年目の選手です。

左利きでアグレッシブなプレーが特徴で湘南のプレースタイルにピッタリと当てはまっていることもありますが、高卒1年目からスタメンとして出場し、みるみるうちに成長しているように感じます。

アジリティも高く、90分走り続ける走力と、対人でも当たり負けしないフィジカルの強さを兼ね備えておりとてもとても楽しみな長友二世だと思ってます!

森保監督の指導は受けてますので、 A代表への道も近いかなと、、、

3人目は 横浜Fマリノス 久保建英選手

まだまだ成熟していく必要があることは百も承知だが、とてもとても楽しみなのは皆さんも同様でしょう。

日本では育てられない といったような記事を見かけたこともありますが、そうでは困るし久保選手自身も自分自身で解決しなくてはならない道だと百も承知でしょう。

だから、移籍もしたと思いますし、世界が認める久保建英になるために経験も必要かなということで、森保JAPAN入りを密かに願っております。

韓国のイ・スウンに続け!

以上、勝手に3選手挙げましたが

全員頑張ってアジアで復権して欲しいものですね!!!

まさに魔法!イニエスタ本領発揮の2ゴール!!しかし、防ぐことはできなかったのか・・・part2

はい・・・

 

前回に引き続きまして、サンフレッチェ戦のイニエスタのゴール

 

まさにワールドクラスであることに疑いの余地はないが

 

防ぐことができなかったのか勝手に考察してみます。

 

ポドルスキーからの荒いパスをいとも簡単に足元へ

→これは完璧すぎる、ただスペースもなくすぐにプレッシャーがかかる

 

②左側をオーバーラップパス出す素振り

→このオーバーラップは当たり前のことで、1試合で幾度となく訪れるシーン

 使う使わないはボール保持者の自由

 

③顔を振りパスを出す素振りを見せる

→ここでびっくり、カバーに来ていた選手含めて2人がつられて危険地帯でイニエスタ         

 がドフリーに・・・

 最悪の連係ミスですね声をかけれていない証拠です、基本はカバーの選手が声をかけ  

 ないといけないと思うので対応している選手がつられるのは仕方ないように思えます

 

④スペースを与えられてスピードに乗ったら止められない

→あとは簡単ですね、カバーに遅れてきた選手は簡単にかわしてスーパーシュート炸裂

 GKはノーチャンスでしょう

 

見返してみて防げたか防げなかったかはわかりませんが、守備でミスがあったことは間違いなく、それを見逃さずこのレベルであれ確実にものにしてしまうのがイニエスタですね・・・

 

改めて恐ろしい選手だ!!!!!!!!!!!!

 

やはり、助っ人の中でも群を抜いていると再認識・・・

 

少しずつ選手も慣れてきて世界レベルを体感していけば、

日本サッカーのレベルも上がっていくことでしょう

 

そして、イニエスタポドルスキーを指導する「吉田 孝行」監督も成長し

日本を代表する監督になってほしいものですね。

 

あと、ポドルスキーは快速ウィンガーみたいなイメージなんで捌く役は

やめたほうがいいですよね

あんまり上手じゃないですし・・・

もっとガンガン行ってほしいです