日々奮闘!初めての子育て 母は偉大なり

2018年7月待望の第一子が誕生し日々子育てに奮闘する妻を横目に、少しでも力になれればと日々試行錯誤している新米のパパです。これまでサッカー中心でしたが子育てブログにチェンジし、日々の出来事を綴っていきます。

森保JAPAN 新キャプテンに相応しいのは誰か

森保一監督の初陣は教え子でもある、 サンフレッチェ広島青山敏弘がキャプテンを務めた。

青山選手は、指揮官が最も信頼を置ける人物であることは明白で、 新たな船出をきるには申し分ない人物であることに疑いの余地はなく、実際に試合を見ても、チームをまとめ上げて、素晴らしいパフォーマンスを発揮していた。

しかし、A代表とはいえ皆さんご承知の通り 2軍と言われてもおかしくない面々であったことは明白だ。

前キャプテンの長谷部選手においては、 ワールドカップで3大会もキャプテンをこなし、見事に役割を果たした完璧ともいえる存在で、次にキャプテンに就任する選手には相当のプレッシャーがかかるだろう。

しかし、長谷部選手においても、 南アフリカワールドカップの直前で中澤選手からキャプテンを受け継いでいることから分かるように、状況はいかなる場合でも日本代表のキャプテンに就任するのに容易なタイミングなどないということだ。

もちろん、青山選手もキャプテンを継続する可能性もあるが、私なりに候補を挙げて考えて見た。

まず1人目は、ロシアワールドカップにて 日本代表をまとめ上げMVP級の活躍をした 吉田麻也選手だ。

実績は申し分なく、ワールドカップもブラジル、ロシアと、2大会経験しており、 プレミアリーグではコンスタントに出場機会を得て、 世界的なスターとの対戦経験も豊富である。

プレーにおいても、若干スピードで劣る点は見受けられるが、ロシアワールドカップにおいても経験からくるコーチング、読み、判断の速さ、対人の強さなど圧倒的な存在感を放っていたことに疑いの余地はなく、日本代表では抜きん出ていた。

また、周りを笑顔にすることもできるし、 引き締めることもできる人柄もメディアを通じて見てきたので、最も推す1人である。

そして、2人目は 原口元気選手だ。

なぜ?と思う方も多いかもしれないが ここ数年での振る舞いを見ていると明らかに 人間力に磨きがかかっており、 十分にキャプテンをこなせる力がついてきているように感じる。

原口選手が若い頃は度々問題行動で 批判に晒されていた。 特に、練習終了後のじゃれ合いから喧嘩に発展しチームメイトを怪我させてしまったときは絶句したものだが。笑笑

そこから、浦和レッズに加入した槙野智章選手により、色々な指導を受けて成長したのは自他ともに認めるところだろう。

直接的な関係はないかもしれないが、 結婚もされて人間としてより成長をしているのではないだろうか。

プレー面でも常にがむしゃらで冷静さに欠けるかもしれないが、気持ちで引っ張るタイプで、 近くで槙野選手のような縁の下の力持ちが入れば十分に全うできると思うが、、、

日本代表は歴代守備的な選手がキャプテンを務める傾向にあるので、この辺りで攻撃的な選手がキャプテンを務めるのも見て見たいと希望的観測も入れて、、、

現実的には吉田選手がかなりの有力であることは百も承知の上だが

10月の代表戦が楽しみだ!

森保JAPANに定着して欲しい選手!!!

森保JAPANが発足して早速、デマ?であろう

イタリア人監督就任のニュースが一時世間を騒

がせた?までとはいかないがサッカー好きの方

なら誰もがソワソワしたに違いない。

キリンチャレンジカップ

北海道の大きな地震によって仕方なく

VSコスタリカのみの1試合となってしまったが、

世代交代と若手発掘の側面からみると まずまずのスタートを切ったというのが 率直に思うところだ

特に、堂安、中島、南野の3選手に関しては、

本田、香川などを彷彿とさせ、

既に代表を引っ張る片鱗を見せてくれた

しかし、この3選手だけでは厳しい戦いを乗り越えれない

そこで、是非とも戦力となって 新生日本代表を支えて欲しい選手を数選手あげて見ます!

まずは1人目 川崎フロンターレ 守田英正選手

守田選手はルーキーながらに開幕スタメンを勝ち取りその後も、おそらく紆余曲折ありながら代表選出されるまでに成長した選手である。

選出された際に気になって、数試合フロンターレの試合を流し見したのだが、勝手なイメージと違い、捌けて潰せる素晴らしい選手であったことに驚いた。

おそらく、フロンターレのサッカーに成長させられたのだろうと思うが、対人の強さに大島選手や中村選手のような捌きも加わっており、 純粋にフロンターレのレギュラー張れるだけはあるなと感じた。

伸び代たっぷりで将来がとても楽しみです!!

2人目は 湘南ベルマーレ 杉岡大暉選手

杉岡選手は世代別代表の常連で所属のベルマーレでもコンスタントにスタメンで出場している、高卒2年目の選手です。

左利きでアグレッシブなプレーが特徴で湘南のプレースタイルにピッタリと当てはまっていることもありますが、高卒1年目からスタメンとして出場し、みるみるうちに成長しているように感じます。

アジリティも高く、90分走り続ける走力と、対人でも当たり負けしないフィジカルの強さを兼ね備えておりとてもとても楽しみな長友二世だと思ってます!

森保監督の指導は受けてますので、 A代表への道も近いかなと、、、

3人目は 横浜Fマリノス 久保建英選手

まだまだ成熟していく必要があることは百も承知だが、とてもとても楽しみなのは皆さんも同様でしょう。

日本では育てられない といったような記事を見かけたこともありますが、そうでは困るし久保選手自身も自分自身で解決しなくてはならない道だと百も承知でしょう。

だから、移籍もしたと思いますし、世界が認める久保建英になるために経験も必要かなということで、森保JAPAN入りを密かに願っております。

韓国のイ・スウンに続け!

以上、勝手に3選手挙げましたが

全員頑張ってアジアで復権して欲しいものですね!!!

まさに魔法!イニエスタ本領発揮の2ゴール!!しかし、防ぐことはできなかったのか・・・part2

はい・・・

 

前回に引き続きまして、サンフレッチェ戦のイニエスタのゴール

 

まさにワールドクラスであることに疑いの余地はないが

 

防ぐことができなかったのか勝手に考察してみます。

 

ポドルスキーからの荒いパスをいとも簡単に足元へ

→これは完璧すぎる、ただスペースもなくすぐにプレッシャーがかかる

 

②左側をオーバーラップパス出す素振り

→このオーバーラップは当たり前のことで、1試合で幾度となく訪れるシーン

 使う使わないはボール保持者の自由

 

③顔を振りパスを出す素振りを見せる

→ここでびっくり、カバーに来ていた選手含めて2人がつられて危険地帯でイニエスタ         

 がドフリーに・・・

 最悪の連係ミスですね声をかけれていない証拠です、基本はカバーの選手が声をかけ  

 ないといけないと思うので対応している選手がつられるのは仕方ないように思えます

 

④スペースを与えられてスピードに乗ったら止められない

→あとは簡単ですね、カバーに遅れてきた選手は簡単にかわしてスーパーシュート炸裂

 GKはノーチャンスでしょう

 

見返してみて防げたか防げなかったかはわかりませんが、守備でミスがあったことは間違いなく、それを見逃さずこのレベルであれ確実にものにしてしまうのがイニエスタですね・・・

 

改めて恐ろしい選手だ!!!!!!!!!!!!

 

やはり、助っ人の中でも群を抜いていると再認識・・・

 

少しずつ選手も慣れてきて世界レベルを体感していけば、

日本サッカーのレベルも上がっていくことでしょう

 

そして、イニエスタポドルスキーを指導する「吉田 孝行」監督も成長し

日本を代表する監督になってほしいものですね。

 

あと、ポドルスキーは快速ウィンガーみたいなイメージなんで捌く役は

やめたほうがいいですよね

あんまり上手じゃないですし・・・

もっとガンガン行ってほしいです

 

まさに魔法!イニエスタ本領発揮の2ゴール!!しかし、防ぐことはできなかったのか・・・

イニエスタが2戦連続のゴールをあげて早くも核の違いを見せつけられている。

 

2ゴールともに世界水準のゴールであることに違いはない。

 

サッカーファンからすると、日本人プレイヤーのレベルを確実にあげてくれる存在であり、ありがたいの一言に尽きる。

 

Jリーグの発足当時は 、ジーコをはじめドゥンガリトバルスキー、レオナルドなど多くのスターが在籍しサッカー人気の助けにもなっていた。

そして、日本サッカーがアジアで1番に上り詰めるために大きな役割を担っていたことは間違いではないだろう。

 

やはり、世界レベルに触れると触れないでは全く成長スピードが違うと思う。

 

ここ数年、やや見劣りする助っ人外国人が多い中、フォルランを皮切りにポドルスキーフェルナンド・トーレス、そしてイニエスタと世界的大スターが一気にJリーグへ加入してくれた。

 

なかなか、日本サッカーが進展しない中で確実に起爆剤となってくれるであろうと大いに期待してやまない。

 

そんな中、早速イニエスタが本領を発揮しており、うれしい限りである。

 

w杯終了後休みもほどほどに参戦してくれ、再来日した矢先の出来事だ。

 

いうまでもなく、どちらのゴールも世界レベルであることには違いがなく、

素晴らしいの一言だ。

 

しかし、はっきり言って落ち目の選手であることには違いない。

 

現在のイニエスタに太刀打ちできなければ、w杯で優勝など夢のまた夢だ。

 

そこで、2ゴールを防ぐことはできなかったか考えてみることにした。

 

まずは、ジュビロ磐田戦での世界一のホットラインが生み出した最高のゴールから・・・(画像がなくわかりにくいです。すみません)

 

まず、大井選手のとこではノーチャンスでしょう(あのターンはまぐれでも何でもない)。

それより前で、防ぐ必要があったと思います。

 

・ハーフラインでつぶしとく

ラストパスを受けるポドルスキーにわたる前、ハーフライン付近でイニエスタから奪うチャンスは確実にありました。

あそこを、このぐらいでいいかと何となく寄せていくのではなく、今止めないとやばい!!!と感じれて激しくいくことがレベルアップにつながり失点を防ぐことにもつながるのではないでしょうか。

やはり、世界に出ないと感じれないというのはこのあたりでしょう。

 

・スペースを見つけて走りこむイニエスタにノーマーク

これが1番の原因でしょうね。

ボランチの選手が顔を振ってイニエスタを確認しているにもかかわらず、気にすることなくボールに向かってアプローチしています。何ならボランチ二人の間をスルスルーと駆け上がっているのに何にも気にしない2人・・・

ラストパスを出すポドルスキーへのプレッシャーも、コースを限定することなくイニエスタへのパスコースをきれいに2人で提供しています。

そこに、強烈なスルーパス

普段ならあのパスには対応できずトラップミスで何ともなく奪えているはずかもしれませんが、世界レベルではゴールにつなげるのが普通のことなのでしょう。

 

勝敗のカギを握るのは「このぐらいでいいだろう」をいかに減らして常に100%でプレーするかです。

 

確かに

世界レベルの2人が生み出した最高のゴールかもしれませんが、

そこをいかに防ぐか、Jリーグでそれを試せる状況にあることを自覚し

次は絶対に防いでもらいたいですね。

 

サンフレッチェ戦でのゴールについては次回にします・・・長くなったので疲れました・・・(笑)

 

※私の勝手な推測ですのでご了承を・・・

『ロシアW杯』祝!日本代表ベスト16進出

今更ですが、、、率直な気持ちを記していきます。

 

まず、大会前は「3連敗」は免れない

よくて「勝ち点1」と思っていたのを謝罪します、、、(笑)

 

賛否両論、かなりの議論を生んだ「ハリル解任」が結果的に功を奏した形となり

田嶋会長もホッとしていることは間違いないでしょう。

 

解任理由の大きな要因として「コミュニケーション不足」を掲げておられました。

もちろん、ハリル陣営からすると否定するのが当然なので真実はわかりませんが、

私としては、コミュニケーション不足を通り越して信頼関係がなかったように感じました。

選手は責任を感じた発言をしておりますが、イコール解任しないでほしいとはならないので選手の真意もわかりかねます。

ハリル監督は、常々厳しい言葉を浴びせ会見でもケンカを売るような発言をしており、自分に酔っている監督というのが私の率直なハリル監督のタイプです。

 

求める選手はデュエルできる選手・・・

これは間違いなく必要な素質ですが

求めるスタイルが縦にはやいというのがどうも日本人に合っていないような気がしてなりませんでした。

著名なジャーナリストのかたの記事を多く拝見しましたが、賛否両論少し賛成(面白い)

という意見が多かったように思えますので、戦術的には間違っていなかったともとらえることができますが、結果としてうまく機能させることができなかったので、失敗ととらえることにします。(本番を戦っていないので何とも言えませんが・・・)

 

西野監督は準備期間が少ないのが功を奏して、選手の意見を最大限取り入れているようですね。

不幸中の幸いでうまくいっているように思えます。

若手が少なく「おっさんジャパン」「忖度ジャパン」などと言われていましたが、

W杯が集大成なので、わざわざ4年後のための経験をW杯で積ます必要はないと思っています。なので、若手は力がないと自覚しおっさんからポジションをとる力を示してほしいものです。

 

今回はおっさんの経験値を最大限に発揮して、ベスト16進出を果たせたので

私はおっさんに最大限の感謝をしております。

そもそも、ケイスケホンダの大ファンですので・・・(笑)

 

最後にベルギーですが、順当にいけば完敗でしょう・・・

しかし、ドイツの敗退・日本のグループリーグ突破など

大舞台に波乱はつきものです。

今大会の台風の目となるよう期待してます!

 

ポーランド戦の最後は結果がすべてなので全力で西野采配を支持します。

 

【サッカー】あの選手のベストゴールはこれだ!!!勝手に決めつけます※外国人編

 

このオフはイニエスタトーレスなどで欧州以外の市場が活性化していますね。

 

そこで、前記事に続いて「外国人編」も上げてみようと思います。

 

量が多すぎるので継ぎ足し継ぎ足しで記事を更新していきますので

ご了承を・・・

あくまで個人的考えですので・・・

 

イニエスタ

・2009年CL VSチェルシー戦 

この劇的なゴールは、今でも鮮明に覚えております。

当時、グアルディオラは冷静なイメージがありましたが、このゴールの瞬間に

走り回って喜んでいる姿を見てファンになりました。

某選手のクリアミスが要因ですが、あの場面でミドルシュートを決めれる選手に是非

Jリーグに来てもらいたいですね。

※その他

2010年W杯 決勝

 

ロナウジーニョ

・2005年CL VSチェルシー

またまた、チェルシー戦ですが「変態トゥーキック」がさく裂した場面です。

あんな場所から、あのシュートを放てて決めれるのは後にも先にもロナウジーニョ

くらいなのではないでしょうか。

たしか、敗退はしてしまいますが当時大きなインパクトを与えてくれた大好きなシュートです。

※その他

クラシコでの独走ドリブル(敵地のレアルファンスタンディングオーベーション)

2002年W杯 VSイングランド戦 意表を突いたFK

 

ロベルト・カルロス

・1997年 VSフランス戦FK

これやばすぎますよね・・・笑

そもそも、アウトサイドで35メートル弾丸で打てるわけないでしょ!

ってはなしですよね。

バルデス全く動けてないですし・・・

インパクト強すぎで半端ないですね・・・

※その他

なしです。笑

 

ジダン

・2004年ユーロ VSイングランド戦FK

ロスタイム入った中でのあの鋭いFK!

超絶興奮しましたね。

その他が多すぎてやばいですが・・・

※その他

同じくロスタイムの逆転PK

伝説のボレーシュート

ブラジル戦のヘディングシュート(決勝)

 

『メッシ』

・2015年CL VSバイエルン

ボアテング尻餅シュートです。

数えきれないシュートを決めてきたメッシですが、

相手をこれほどまでに、落ち込ませるシュートは早々無いのではないかと思います。

あとで、ボアテングはそれほど落ち込んでないとコメント出してますが、

相手がメッシならではですね

普通なら立ち直れないでしょう

※その他

無しです。多すぎて・・・

 

またまた、随時更新していきます・・・

【サッカー】あの選手のベストゴールはこれだ!!勝手に決めつけます!!!

jリーグを見ていて、ふと「この選手のベストゴールってどれかな」と思い

記事にしてみようと思いました。

 

完全に独断と偏見なので、意見ドシドシ受け付けます!

 

後から思いついた選手・ゴールなどあったらその都度更新していきます。

 

パッと感覚的に思いついたものをなるべく上げるので

詳しい説明など基本的に無しで分かる方にはわかるスタンスでいきます\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

  • 日本人選手

『中田 英寿』 

・2001年コンフェデ杯 オーストラリア戦 FK

まず、あのヒデがこんな喜ぶかという渾身の「ガッツポーズ」に心動かされた人も多いのではないでしょうか。

そして、豪雨を切り裂く弾丸ライナーとなんともヒデらしいゴールで当時とても興奮したのを鮮明に覚えております。

※その他

ユヴェントス戦の超絶ミドル

ペルージャデビュー戦ゴール

W杯 チュニジア戦ゴール

 

『中村 俊輔』

ホンジュラス戦のCK直接ゴール

ありすぎて、かなり迷いました。

当時、サッカー小僧であった私はかなりの衝撃を受けたのと、

W杯のメンバー落選という悲劇から恐らくこのゴールの印象がかなり強いのだと思います。

※その他

グランパス戦の超絶ミドルシュート

マンチェスターU FK2発

レンジャーズ戦のアウトサイドミドル

などなど挙げればきりがなさすぎますね、、、すごいの一言です

 

『本田 圭介』

北京オリンピック予選 香港戦のFK

カメラのアングルが良く軌道が見えたこのシュートはアンチ本田だった私をファンにさせた一撃です。相手のGKがかなりかわいそうに思えてきて今ではあまり見ないようにしていますが、、、

※その他

W杯デンマーク戦のFK

VVV時代のミドルシュート集(この時の本田が一番好き)

 

『香川 真司』

シャルケ戦のジャンピングボレー

分かる方は分かるはずです。笑

移籍してチームに溶け込むきっかけとなったゴール?

2連覇を果たす大きな原動力になり、マンチェスターUへ移籍するまで上り詰めたきっかけを作ったゴールだと個人的に考えております!

※その他

フランス戦のゴール

 

『久保 竜彦』

マリノスを優勝に導くヘディングシュート

ワンバウンドしたボールへのあのヘディングシュートです。

超人でしかなしえない得体のしれないヘディングシュートには度肝を抜かれました。

地味なようで迫力がすごいゴールなのかなと個人的に思います。

※その他

チェコ戦の強烈シュート

横浜FC時代のレッズ相手の超ロングシュート

 

ちょっとこれは随時更新していきます。

多すぎて・・・